家の模型と人型フィギュア

夢のマイホームを、マンションでもなく分譲でもなく一軒家で建てたいというときには、ハウスメーカーで新築の物件を建てることになります。分譲よりも自分でいろいろと自分で自由に決められますので、出来上がったときの満足度は圧倒的に高いというイメージがあるかもしれません。確かに満足度や達成感は高くなりますが、住宅を建てるまでにはいろいろと段階を踏んでいく必要があります。まずはハウスメーカー選びから始めることになるでしょう。ハウスメーカーは日本各地にいろいろとあり、大手から個人経営のお店まで幅広いです。どういったところに決めるかによって、費用にも違いが出てきますし、イメージ通りの住宅に仕上げてもらえるかという点も変わってきます。

住宅が出来上がるまでにかかる期間もハウスメーカーによって変わってくることもあります。デザインから施工まで段階を踏んで決めていきますが、ハウスメーカーによってサポート力やアイディア力なども違ってきますので、選ぶときには総合的に比較検討をして選んでいきましょう。早い期間で完成させたい、もしくはすぐに入居したいという場合であれば分譲住宅の選択になります。もしある程度の期間的余裕と、予算の方も分譲よりも持てるようであれば、注文住宅にするメリットは非常に多いので検討してみると良いでしょう。

新築の住宅を建てると決めたときには、まずは大体のイメージを膨らませて具体的に考え始めるという手順が大事です。そのイメージがベースとなるわけですので、一番譲れないところや一番こだわりたいところというものがきっと出てきます。ただ、イメージといっても何から考えれば良いのか全く浮かばないという方もいるでしょう。そういったときには、住宅展示場やモデルハウスなどを訪れたり、パンフレットを見たりなどしてイメージを膨らませていきます。住宅展示場やモデルハウスに行くと、理想の暮らしというものが見えてくるケースも多いです。何もない0のところからイメージする方法は、インテリアなどに凝っている方でなければ意外と難しいですし、まずはアイディアを参考にするというところから始めていくと良いでしょう。

大体の期間の目安としては、3カ月から6カ月程度でプランを決定してハウスメーカーを決めていきます。そこから土地探しをして土地を購入し、続いて契約をして住宅ローンを組んでいきます。なお契約をする前には、いくつかのハウスメーカーで見積もりを出してもらってから比較検討をすることも大切です。